膝の痛みの治療

seikotuin

 

人間の身体でよく使われる痛みが走ると生活も困難になるため、当院では早めに結果を出すよう膝痛治療は早期治療をしております。

 

 

膝の仕組みとは?

膝は、人間の体を支える大切な一部です。そのため日常生活でも膝には多くの負担がかかります。主に膝は、身体の体重をすべて支えており、曲げ伸ばし立つ座る、走る歩くなどさまざまな動きをします。そのため膝は、骨の合わさっている部分が狭いため、その周りを半月板や筋肉などによって、はげしい動きに耐えられるような仕組みを持っています。人間の体の中で膝痛のように痛みが走ったとしても無理をさせてしまいやすい部分でもあります。

 

 

膝の痛みの原因とは?

1番多い例といたしまして運動です。スポーツをされる方は、普通の方より頻繁に膝を使うため痛みを持ちやすいです。他に『肥満による膝への負担の増加』、『加齢による筋肉の老化』、『足のゆがみ』、『膝の怪我』以上のことが原因として膝に痛みを持つ患者様がいらっしゃいます。

 

 

膝痛になりやすい例

1.運動不足で、筋肉に衰えがある。

自分の年齢や、体調に合わせた適度な運動を行わず、座っている仕事が多い方は膝痛になりやすいです。

 

 

2.栄養バランスの偏った食事、食べ過ぎによる体重増加

肥満やその傾向にある方は、膝への負担も多く痛みを発症しやすいです。

 

 

3.姿勢が悪い、骨、筋肉に負担をかけている。

膝への負担を少しでも軽減するためには、身体の姿勢改善されたり血行を良くするなど身体の体調管理が必要です。少しの姿勢の歪みも数十年経つと驚くほど大きな歪みとなり体に負荷をかけ体調に支障をきたします。当院での膝痛治療で早期改善を行いましょう。一生元気でいるためには、まず足元から」と心がけて、膝に負担と痛みが発症された際はすぐに治療を行い元気な快適を目指しましょう。

 

 

 

膝痛の治療のプロの視点

膝の痛みは大きく三つに分ける事ができます。一つ目は、軟骨等の軟部組織がすり減ってしまい痛みがでる場合。二つ目は、関節の周りの筋肉が硬化してしまい動く際や曲げる際に痛みが出る場合。三つ目は、何かの拍子に関節周りの筋肉靭帯などを痛めてしまった場合です。それぞれの痛みの原因は違えどその痛みを取り除く為になにすべきかと言いますと、一つ目と二つ目の場合においてはまず指圧手技による治療で関節周りの筋肉の状態を柔軟性のある良い筋肉の状態にもどしてあげることで多くの方が改善されます。

 

軟部組織などがすり減って痛みがでている方は二つ目の関節周りの筋肉が硬化した状態を兼ねていることがとても多いです。その為指圧や手技による治療を行う事で軟部組織はすり減っているが痛みは出ていないという所に導いてあげる必要があります。筋肉や靭帯に傷が入ってしまった場合は傷の治りを早める電圧の治療やコンビネーションの治療、傷の治り具合によって指圧の治療等を加えていきます。