寝違え・首痛の治療

seikotuin

 

朝起きたら首が痛い。』寝る前は、何もなかったのに朝起きたときに痛くなり動かしずらくなるこの症状を『寝違い』と呼んでおります。寝違えはギックリ腰とも呼ばれており、首を支える筋肉血行不良やシビレ、一番の症状は強い首の痛みが発生します。

 

 

慣れない枕や変な姿勢

慣れない枕を使用されたり、変な姿勢寝ていると寝違いになりやすいです。寝違いが起こると背中の痛み頭痛吐き気集中力の低下などが起こります。

 

 

寝違いでやってしまう失敗・温めて揉む

軽い寝違いだと首は動きますが温めてしまったり、マッサージのように揉んでしまう動かななったり症状が悪化することが多くあります。そのため、入浴のような身体を温める行為は良くありません。

 

寝違えの際は、お風呂に入る前に当院へ来院ください。悪化後に来院されると治療期間が延びる可能性が高いです。

 

 

寝違え特別治療・首痛の治療

 

当院での寝違え治療は、症状の程度にもよりますが「首は痛いけど動く。」「痛みは、少ししかない。」など症状が比較的軽い場合は積極的に指圧の治療を行う方が症状の治りが早まります。寝違えにより傷がついてしまった箇所についてはコンビネーションの治療特別電圧治療を行うことで改善を早める事が可能です。

 

寝違いの際には、温める前に当院へ来院くださいませ。