野球肘の原因

seikotuin

 

野球肘の原因とは

野球ボール投げる動作を頻繁繰り返すことによって、起こる肘関節の損傷を野球肘と言います。関節の損傷は、肘の外側・内側どちらにも起こります。投げる癖により痛みの部分や治療期間は違いますが、肘関節に力がかかり過ぎたことが痛みの原因でもあります。

 

 

野球肘は、痛みがありスポーツができなくなる可能性も

野球肘の痛みは、ボールを投げる時に、生じたりまた、痛みで腕をまっすぐに伸ばせなくなることがあります。ひどくなると、肘の関節の周りにある軟骨にまで損傷が及び軟骨が剥離することや、骨にまで異常をきたすことがあります。そうなる前に当院で早期治療を行いましょう。

 

 

肘の治療の心がけ

当院で治療を受けられた後は、安静に致しましょう。

野球肘は、少年時代にかかりやすい症状です。野球をやりたい気持ちもわかります。野球肘の症状が出ても、投球練習などを繰り返していると、悪化し取り返しのつかないことになった場合には、最悪、野球をあきらめなくてはならなくなります。

治療後は、安静にされ症状は治まるまで練習を控え、焦らず、腕を休ませましょう。

 

 

急性的な痛みが治まってきたら、温熱・寒冷を使い分けます。

野球の練習後は、疲れもたまり筋肉が固まりやすいです。そのため当院でのメンテナンス治療により肘のケアを日頃から整えて試合でも万全の形で望めるようにいたしましょう。

 

 

超音波による炎症治療でほとんどの野球肘は改善

 

野球肘の多くは肘の内側部分に炎症が起こっており、まず炎症を治す事でほとんどの場合は痛みはなくなってきます。その為に炎症を治す為に現在一番効果的な超音波と電気を同時に行うことのできるコンビネーションの治療を処すことで早期の回復をサポートします。治り方におうじて上腕前腕部の筋肉をほぐす指圧の治療等を取り入れていきます。