【足関節捻挫】足首の捻挫・サッカー・バレーボール・ラグビーに多い

この記事でわかる事

  • 足関節捻挫とは?
  • 日常生活で発生しやすい場所
  • 発生しやすいスポーツ
  • 症状や見た目・検査
  • 治療
  • 経過

足関節捻挫

足関節捻挫は足首を捻ってしまった際におきる怪我です。足首を内側に捻って起こる内反捻挫が多く日常生活でも起きることはありますしスポーツなどでもとても発生しやすい怪我の一つです。

内反捻挫では、前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯の3つの靭帯が損傷する可能性があり、軽度の場合であれば前距腓靭帯と踵腓靭帯を損傷し

重度では後距腓靭帯も損傷している場合があります。全ての靭帯において一部断裂することはありますが完全に靭帯が断裂してしまうのはまれです。

日常生活では階段などの段差を踏み外した時、スポーツではサッカーでの接触プレー、バレーボール・バスケットの着地時・ラグビーでの接触プレーなどの時に起きやすい。

足関節捻挫

症状や見た目・検査

症状は足をついて歩く際の痛み。重度のものになると足を地面について歩けないこともあります。

問診で怪我した際の状況を聞き、視診で内出血の有無や腫脹(腫れ)の有無、触診で熱感を調べることで判断できます。

足関節捻挫は軽度から重度のものをⅠ度からⅢ度までで分類することができⅠ度は比較的軽度でⅢ度は重症になります。

  • Ⅰ度 前距腓靭帯の伸張もしくは部分断裂
    Ⅱ度 前距腓靭帯の完全断裂
    Ⅲ度 前距腓靭帯・踵腓靭帯、後距腓靭帯の断裂

IMG_3277

治療

軽度の場合と重度の場合でも違ってきますが軽度の場合はスポーツをしながらでも治す事は可能です。
サポーターやテーピングなどで固定をし、損傷がある部位に傷の治りが早くなる電気や超音波、
電気と超音波を同時に行えるコンビネーションの治療を行うことで通常より早く足関節捻挫を治す事ができます。
重度の場合は包帯で完全固定し松葉づえを使用する事で損傷部位への負荷を減らし軽度の場合と同じように
電気や超音波、電気と超音波を同時に行えるコンビネーションを行います。

注意※
足関節捻挫は軽度だからと放置して日々の日常生活やスポーツを続けると治るまでの期間が延びます。
治りきる前にスポーツなどを行う事で同じ個所を再負傷してしまい、酷くなった例もみてきました
軽度だからと甘くみらず軽度だからこそ早く治してしまうことが、再負傷し酷くなるのを防ぎます。

経過

内出血や腫れが見られる場合は最初に腫れが引いてい内出血が残ります。
内出血は足の先の方や足の裏の方に向けて移動することが多いです。
その頃になると歩行では痛みや不安はなくなり日常生活は問題なくなります。
日常生活に問題がなくなり1週間前後で軽度の場合であれば
スポーツで走ったりジャンプしたりも可能になります。

  • 軽度の場合は1週間未満~2週間
  • 中度の場合は2週間~4週間
  • 重度の場合は4週間~

足関節捻挫は対応を間違えると骨折などより競技復帰や日常生活復帰が遅れる場合があります。

ただの捻挫を侮らず怪我した直後は電話だけでも構いませんので専門家に相談することをおすすめします。

スポーツや部活動を現在行っている方は少しでも早く治したい。

またはいつの試合に間に合わせたいと考える方が多いと思います。

そのような方は早めにお近くの専門院に相談して下さい。

なぜならば本来4週間で治るものは治療することで3週間で治すことも可能かもしれません。

3週間かかるものも2週間にはなるかもしれません。

しかし2週間かかるものを3日で治すのはとても難しく現実的には無理です。

治療することで確実に治すまでの期間は短縮されますが0にはなりません。

もし大会やイベントを控えているなど期日がある方は早めに治療をスタートさせることが大切です。

 

関連記事↓↓↓

サッカーの怪我 捻挫・肉離れ

野球肘

テニス肘

ラグビーでの怪我

バレーボールでの怪我

陸上競技・マラソンでの怪我

相談無料 ご予約ください。

休診日:日曜・祝日  土曜:9:00~15:00

受付時間
9:00~13:00 /
16:00~20:00 / / /

初回にお客様に納得の出来る結果を出して差し上げること。

元気を与える整骨院をつくっていたら3店舗になりました。施術技術は、勉強会を毎週開催し向上してます。
ご予約ができて待ち時間ゼロです。

いつも笑顔を絶やさず明るく元気な整骨院ですので、一度、お試しで施術を受けてみてください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 0942-27-7769