お問い合わせ

春です♪苺の美味しい季節です\(^o^)/

2015年3月28日 : 健康栄養

こんにちは(*^-^*)*。・・*゜

久留米苅原整骨院 受付の宮冨です♪

 

春ですね~♪

春風が気持ちいですね~(*´Д`)*。・・*゜

 

私の最近の楽しみは

お昼休憩の時に

お昼寝をする事です^^

 

。。。と言うことで(笑)

本日はそんな今が旬の苺について

お話したいと思います♡

 

苺はバラ科の多年草に属し、

外にあるブツブツを「種」と言っていますが、

このブツブツが本当はいちごの果実!!♡

 

皆さん知っていましたか?!(゚Д゚)ノ

 

一般的に果実だと思われている赤い部分は

果実であるブツブツ部分を守るためのクッションの

役割を果たす「花托(かたく)」という部分です。

 

苺の効能で真っ先に思いつくのは

なんといっても美白・美肌効果\(^o^)/*。・・*゜

 

メラニン色素の抑制やコラーゲンの生成に必要な

ビタミンCはイチゴ100gあたり62mg

含まれています。

 

レモン果汁は50mgですから、

レモン果汁よりも多いのです!!Σ(゚Д゚)おぉ

 

さらに近年では苺に含まれるポリフェノール

(エラグ酸やアントシアニン)に、

メラミンの生成を抑える効果がある

注目されていますから、

ビタミンCと合わせて美白効果や

美肌作りの効果が期待できます!!

 

また、ビタミンCには神経伝達ホルモン

(ドーパミン・アドレナリン)や

ストレスを和らげる副腎皮質ホルモン

の合成を促し、精神的ストレスを

緩和させる作用や、疲労回復にも

効果があると言われています。

 

タバコを吸う人はビタミンCが

どんどん消費されていきますから、

苺を食べる習慣を作っても良いかも

しれませんね(‘◇’)ゞ

 

さらに苺はむくみの解消に役立つカリウムを

豊富に含んでいます。

 

その量は西瓜の約1.5倍。

 

水溶性食物繊維のペクチンも含んでいますから、

腸の調子を整え、腸内の有害物質や

脂肪の排出を促すことから便秘の解消も期待できます。

 

その他にも赤血球を作るために必要な葉酸や鉄分、

脂肪の燃焼や代謝の促進効果がある

カルニチンを含んでいるため、

女性の悩みに多い貧血や冷え性の改善にも

は一役買ってくれそうです(*’▽’)!!

 

実は!!☆彡

苺には虫歯を予防する

キシリトールも含まれています。

 

歯茎から血が出る歯槽膿漏の予防には

ビタミンCが効くとされていますから

歯と歯茎、ダブルの効果が期待できますね(*^-^*)♡

 

さらに。。*。・・*゜

 

『苺+α』

で素敵な効果が\(^o^)/

 

苺+ヨーグルト・アーモンド・柚子

老化防止効果(アンチエイジング)

 

苺+グレープフルーツ・トマト・キウイ・レモン

美肌効果・ストレス解消効果

 

苺+桃・レモン・プルーン

貧血予防効果

 

苺+トマト・パイナップル・紅茶・コーヒー

疲労回復効果

 

皆さんも今が旬の苺を食べて

毎日の健康習慣に

プラスしてみませんか?!(∩´∀`)∩♡