お問い合わせ

産後の「股関節」「恥骨」「尾骨」の痛み

2016年9月13日 : 産後

おはようございます(‘◇’)ゞ

久留米苅原整骨院の岡本です!!

今日は産後の「股関節痛」「恥骨」「尾骨」について・・・

なぜ、産後に「恥骨痛」「足のつけ根痛」(股関節の前や横部分の痛み)や

「腰痛」(仙骨、おしりの割れ目の上の辺りの斜め横部分)がでてしまうのでしょうか?

この大きな原因を、簡単にいうと・・・妊娠中・産後は、「骨盤が広がっている」ためです!!

本来、産後の「骨盤」は、自然に元の位置に戻るのですが、

産後で骨盤周りの筋肉が弱って、

自然にはなかなか戻らなくなっているというのが原因のようです(>_<)

ただこの「骨盤が広がる」という表現は、誤解を招きやすい表現ですので説明が必要です。

簡単に説明すると、「恥骨結合」(骨盤の下の方)とゆう部分が身体にはあります。

その「恥骨結合」が広がった状態が、「骨盤が広がった」状態です。

「骨盤が広がる」というと、骨盤全体が広がっているような認識があるのですが

実は骨盤の下の方が広がりやすいのです。

この「恥骨結合」が広がる事によって、赤ちゃんがでてきます(*^-^*)

しかし、普段は広がっていません。

「妊娠中や産後」は骨盤が広がっているために

骨盤周りにくっついている筋肉や靭帯が

余計に引っ張られているので「痛み」がでてしまうのです。

なので、安心して下さい!!

大抵の場合は骨盤矯正で締めて、

ベルト等で正しい位置・強さで固定することによって痛みは緩和されまよ(*^-^*)b

 

しかし、産後で不安な方!

産後のお悩みは久留米苅原整骨院にお任せください!!!(‘◇’)ゞ