お問い合わせ

無料施術体験会(完全無料)

2017年3月25日 : 「受付・医療事務」整骨院の受付,O脚X脚,オスグット,お知らせ,ぎっくり腰,シビレ,シンスプリント,スタイレックス,ストレートネック,スポーツ外傷,テーピング,ばね指,むち打ち,むち打ち症治療,めまい,久留米市の整骨院,久留米苅原(かりはら)整骨院ご案内,久留米苅原整骨院便り,五十肩,交通事故,交通事故治療,偏頭痛,健康栄養,半月板,坐骨神経痛,外反母趾,妊婦さんの治療,寝違い,手のしびれ,打撲,捻挫,整骨院の求人「受付・医療事務」,日記,求人(柔道整復師・鍼灸師)久留米市,治療,無料施術,猫背,猫背矯正,産後,産後のケア,疲労回復,痺れ,突き指,筋肉痛,肉離れ,肋間神経痛,肘内障,股関節,肩こり,肩の痛み,腕の痛み,腰痛,腱鞘炎,腸脛靭帯炎,膝の痛み,野球肘,頭痛,骨盤,骨盤矯正

おはようございます(≧▽≦)

久留米苅原整骨院です!!

さてさてもう明日になりましたね(‘◇’)ゞ

そっ!!無料体験会が明日となりました

3月26日(日)無料体験会

この機会に是非当院の施術(手技、矯正、猫背矯正、骨盤矯正、О脚X脚矯正、超音波治療、テーピング)を受けてみて下さい(‘◇’)ゞ

 

ぜひ!皆さんお越し下さい\(^o^)/

☆開催時間☆

午前の部 9:00~13:00

午後の部 16:00~20:00

 場所

久留米苅原整骨院

※予約不要

電話番号(お問い合わせ)

0942-27-7769

当日は込むことが予想されますので表の駐車場と裏の駐車場もありますので

是非ご利用ください(∩´∀`)∩

もし周りにこんな方がいらっしゃいましたら是非ご紹介下さい(‘◇’)ゞ

ご家族、友人、会社仲間、趣味友達、産後の方、痛みが身体のどこかに出ている方

整骨院に行った事がない方、下半身や体型に不満がある方、

長年の痛みをとってほしい方、身体の疲れをとってほしい方などなどおそらく悩みは大量にあると思います(‘◇’)ゞ

なのでこのイベントを機会に是非どうぞ!!

もし詳しく聞きたい方がおられましたらまずはお電話のお問い合わせからでも大丈夫です(*^▽^*)

いつも久留米苅原整骨院をありがとうございます(≧▽≦)

 

 

産後の骨盤矯正(無料体験会)

2017年3月23日 : 「受付・医療事務」整骨院の受付,O脚X脚,オスグット,お知らせ,ぎっくり腰,シビレ,シンスプリント,スタイレックス,ストレートネック,スポーツ外傷,テーピング,ばね指,むち打ち,むち打ち症治療,めまい,久留米市の整骨院,久留米苅原(かりはら)整骨院ご案内,久留米苅原整骨院便り,五十肩,交通事故,交通事故治療,偏頭痛,健康栄養,半月板,坐骨神経痛,外反母趾,妊婦さんの治療,寝違い,手のしびれ,打撲,捻挫,整骨院の求人「受付・医療事務」,日記,求人(柔道整復師・鍼灸師)久留米市,治療,無料施術,猫背,猫背矯正,産後,産後のケア,疲労回復,痺れ,突き指,筋肉痛,肉離れ,肋間神経痛,肘内障,股関節,肩こり,肩の痛み,腕の痛み,腰痛,腱鞘炎,腸脛靭帯炎,膝の痛み,野球肘,頭痛,骨盤,骨盤矯正

おはようございます!!
久留米苅原整骨院です(*´з`)
さてさてまた無料体験会が今度の日曜日・・・・

3月26日(日)無料体験会

体験会まで残りわずかとなりました\(^o^)/

ぜひ!皆さんお越し下さい\(^o^)/

☆開催時間☆

午前の部 9:00~13:00

午後の部 16:00~20:00

 場所

久留米苅原整骨院

※予約不要

電話番号(お問い合わせ)

0942-27-7769

そのメニューの1つ、産後の骨盤矯正の重要性について話していきますね(‘◇’)ゞ

さてさて今日は(産後)についてお話ししたいとおもいます(*´▽`*)

出産は女性にとって大きな喜びですが、同時に身体には大きな負担もきます。(´◉◞౪◟◉)

そこで一番考えて欲しいのが産後の体のケアです!!

そんなの知っているよ!!っと言われる方も多いと思いますが、意外と実態を知っている方は少ないと思います(*^-^*)

まず出産で開いた骨盤が自然に正しい位置に戻る事はあんまりない事を

ご存知ですか??

帝王切開で出産した場合などはなおさらです(*’▽’)

ホルモンの影響で関節が柔らかくなり、歪みやすいんです(´-ω-`)

なおさら授乳中に赤ちゃんを抱っこしたりすると無理な体勢になりますので

歪みやすくなりますΣ(゚Д゚)

あと靭帯、筋肉などが緩みそれが

そのままの状態になっているんです<m(__)m>

などこういった方はまず骨盤矯正をすることを大事になっています。

また骨盤矯正で腰痛、股関節痛、尿漏れなどや後陣痛が早く治まったり

体重がもとに戻りやすかったり、お尻の形が良くなったり

妊娠、出産の体力の回復などができますのでもし

身体に違和感などがありましたら久留米苅原整骨院まで

お知らせください(≧◇≦)

そのときにあった治療法を提供いたします(*^-^*)

ではではまた更新いたします(*’▽’)

猫背矯正(無料体験会)

2017年3月10日 : オスグット,お知らせ,ぎっくり腰,シビレ,シンスプリント,ストレートネック,スポーツ外傷,むち打ち,むち打ち症治療,めまい,久留米市の整骨院,久留米苅原(かりはら)整骨院ご案内,五十肩,交通事故,交通事故治療,偏頭痛,半月板,坐骨神経痛,外反母趾,寝違い,手のしびれ,打撲,捻挫,治療,無料施術,猫背,猫背矯正,産後,産後のケア,疲労回復,痺れ,突き指,筋肉痛,肉離れ,肋間神経痛,股関節,肩こり,肩の痛み,腕の痛み,腰痛,腱鞘炎,腸脛靭帯炎,膝の痛み,野球肘,頭痛,骨盤,骨盤矯正

こんにちは\(^o^)/

久留米苅原整骨院です!!

本日は『猫背』についてお話しします!

3月26日(日曜日)は無料体験会をしますので

その中の一つのメニューの猫背矯正の話をしていきますね(*^-^*)

見た目の印象を大きく左右する「姿勢」

特に猫背は、老けて見えたり態度が悪く

見えたりとマイナスの印象を与えてしまいます。

しかし、なぜ猫背になってしまうのでしょうか?

長い時間の座り仕事や重い荷物を持つことが多い等、

普段の生活習慣(日常生活)が大きく作用しています。

正しい姿勢でいることは、

カラダの前後の筋肉を使うため少しはきついのが普通なのですが

人は辛いと感じると、無意識に楽で悪い姿勢をとりがちなんです><

それが猫背を招く結果になってしまうんですね><

さらに30歳代をピークに筋力も衰え始めるため、

意識的に運動しないと

昔と同じ筋力を維持することはできません。

気づいた時に、5回でも10回でも

筋肉を動かしてあげることが大切です。

また、猫背はたるみやシワ等の

カラダの不調を招く原因にもなると言われています。

猫背になると、筋肉がバランスを崩し、

カラダに歪みが生じ易くなってしまいます

歪みによって本来の機能が低下し、

筋膜
(筋肉を包み込む膜)や
血管、リンパ、
神経などに

悪い影響を与え、様々な問題を引き起こします。

見た目だけでなく、カラダの不調にも影響する猫背。

当院では猫背矯正を行っております。

矯正といっても、痛くない施術ですので、

気になる方は、スタッフまでお声掛け下さい☆

怪我後の応急処置

2016年11月26日 : 打撲

こんにちは\(^o^)/

久留米苅原整骨院です!

今日は「打撲の応急処置」についてお話しします。

「打撲」した際は、捻挫の処置同様、損傷部位やその周辺を冷やし安静を保つことが大切です。

軽度の「打撲」の場合、応急処置をしっかり行うことで、

症状の悪化を防ぐことができます。

また適切な処置が回復を早める事にもつながる為、重要です!!

ちなみに打撲の応急処置の手順を「RICE」と覚えましょう。

RとはREST(安静にする)

患部を動かさないよう、安静にして休みます。

足には松葉杖、腕には三角巾を使うなどして、体重をかけないよう注意して下さい。

とはICE(冷やす、アイシング)

患部を冷やすことにより、炎症を抑え、痛みを軽減することが出来ます。

CとはCOMPRESSION(圧迫する)

内出血や腫れを防ぐために、患部を圧迫します。

スポンジや弾力包帯、テーピングなどで患部を固定して、圧迫してください! 

E とはELEVATION(患部を高い位置に保つ)

患部を心臓より高い位置に保って、内出血や腫れを防ぎます。

RICEを知っておけば「打撲」以外にも捻挫、骨折、脱臼、肉離れなど・・・

怪我の時の応急処置として使えますので、

是非覚えておいてください!!

ではでは・・今日はこの辺で\(^o^)/

「打撲の応急処置」について

2015年12月2日 : 打撲

こんにちわ☆久留米苅原整骨院の岡本です(≧▽≦)

今日は「打撲の応急処置」について。

 

「打撲」した際は、捻挫の処置同様、損傷部位やその周辺を冷やし安静を保つことが大切です。

軽度の「打撲」の場合、応急処置をしっかり行うことで、

症状の悪化を防ぐことができます。

また適切な処置が回復を早める事にもつながる為、重要です!!

ちなみに打撲の応急処置の手順を「RICE」と覚えましょう。

 

RとはREST(安静にする)

患部を動かさないよう、安静にして休みます。

足には松葉杖、腕には三角巾を使うなどして、体重をかけないよう注意して下さい。

 

CとはCOMPRESSION(圧迫する)


内出血や腫れを防ぐために、患部を圧迫します。

スポンジや弾力包帯、テーピングなどで患部を固定して、圧迫してください。

 

E とはELEVATION(患部を高い位置に保つ)

患部を心臓より高い位置に保って、内出血や腫れを防ぎます。

 

RICEを知っておけば「打撲」以外にも捻挫、骨折、脱臼、肉離れなど・・・

怪我の時の応急処置として使えますので、

是非覚えておいてください!!

 

最後に患部を温めます(*^-^*)

打撲の症状が良くなり、内出血や腫れが治まってきたら、

患部を温める治療法が効果的になります。

患部を温めることで、血行が良くなり、

人間が持っている自然治癒力を活性化させることができます。

37~38度前後の、体温に近い温度のぬるま湯にゆったり浸かって患部を温めると良いでしょう。

ストレッチを行うという治療法も、血液の循環が良くなり、

体内に溜まっている疲労物質が拡散されるのでお勧めです。

ただし、腫れや内出血がひいてない状態で、患部を温める治療法を行うと、

かえって症状が悪くなる場合があるので注意して下さい。

打撲の症状が良くなってきたら、患部を温め、血行を良くし、

自然治癒力を高めるようにして、早期に治療するようにしましょう。