肩こり・緊張型の頭痛

肩こり・緊張型の頭痛

  • 延べ1万人以上の症状を改善してきました。当院の技術は、雑誌、新聞、書籍で取り上げられてます。

肩こりとは、首から肩にかけての筋肉緊張や筋疲労により筋肉が硬くなってしまった状態の事を指します

原因としては、首や肩の筋肉に対するストレスや身体血液の流れが悪くなる事により自然治癒力が妨げられ、本来であれば回復する筋肉が回復せず硬化してしまう場合もあります。

筋肉というのは疲労した場合と筋損傷を回復する過程で硬化する特性を持ち、筋肉に傷がついてしまい、回復する際に固くなってしまう場合と筋疲労をものに分けられます。

筋損傷を受けて正しい治療をしなかった場合や慢性的な首や肩の筋肉にストレスがかかっている場合などは血液の流れが悪くなり、肩こりの症状をより感じやすく、ひどくなると痛みを感じることもあります。

肩こり・頭痛になりやすい方

肩こりは女性に多く男性と比べると1,5倍ほど女性の方が肩こりを感じる又は肩こりによる症状があるというデータがあります。

おそらくですが性差による筋肉量の差によって女性の方は首や肩にかかる筋肉へのストレスをより受けてしまうからだと考えられます。

男性の方でもデスクワークで長時間、同じ姿勢で仕事をされたり、顔を下に向けての作業を多くされる方であったり、肩にバックをかけることが多い方や寒い場所での作業が多い方などは肩こりになりやすい傾向があると感じています。

ご自身の症状にもし、首から肩の痛みや腕や手に痺れを感じた時には、ただの肩こりではなく肩こりとその他の症状が合併して起きている可能性があるため、首や肩に痛みや腕から手に痺れ等を感じた時には専門院に相談することをお勧めします。

肩こりの症状の一つに緊張型の頭痛というものがあります。慢性的な肩こりにより首から肩、背中にかけての筋肉が常に緊張してしまうことで引き起こされる頭痛です。

この緊張型の頭痛を治す為にも肩こりを治すことで改善されます。

自然治癒力を高め治療することで肩こりを解消

当院での治療を受ける際には、肩こり・頭痛の症状を問診し検査致します。

その方の症状を的確に把握することで治療の方法や日常生活指導を的確に行うことができます。

当院は首や肩の治療に強い整骨院ですので、これまでに多数の症例を治してきた実績があります。

  • 「首や肩が痛い」「首が張ってつらい・きつい」
    「肩が張ってきつい・つらい」「頭痛がする」
    「なぜが手や腕が痺れる」「背中がきつい・つらい」
    「首が回らない」「目の奥が痛い」等、一部例です。

その方に応じた正しい治療を行うことによって症状が改善されます。

その方の症状にもよりますが、筋肉が固くなり、血流が悪くなった筋肉を効果的にほぐす指圧の治療、必要があればですが身体のズレや歪みを整える矯正の治療をや姿勢を改善する猫背矯正行うことで日常生活で身体にかかる負担を軽減し、より早く症状を改善させる事ができます。

症状がなくなったその後は日常生活でのアドバイスや筋力トレーニング指導、ストレッチ指導などを行い

患者様がその症状を再発させないようにアドバイスも行っています。

ひどい肩こり?肩こりの重症度

肩こりがあったとしても重症度が低ければ症状がない場合もあります。

男性で筋肉が十分にある方などは、首や肩の筋肉にストレスがかかり筋肉が硬化したとしても肩こりの症状が全くないという方も多いのです。

では、どのタイミングで肩こりは治療した方がいいのでしょうか?

もし自身に肩こりがあると感じ、なにかしらの症状が出ているのであれば、ただちに治療を行うことをおすすめ致します。

なぜならば症状がでているということは、それは身体からの危険信号です。

  • 当たり前に思えるかもしれませんが身体が万全な状態であれば、症状はでません。日々の暮らしの中の様々な要因で肩こりを引き起こし、限界を超えてしまったから症状がでるということです。

つまり症状が出ている場合は、すでに重症化していると言えます。

それでもその症状を我慢できることもあるとは思いますがもし症状がでているのであれば早めに治療し身体を万全な状態に戻さないと、重症化し更に色々な症状が出る場合もあります。

久留米スポーツ整骨院はスポーツでの怪我、

交通事故やスポーツなどでのむち打ち症など

首や肩の症状に強い治療院です。書籍にも多数紹介され

肩こりから頭痛の症状はほとんど方が一回の施術で改善を実感されています。

 

働いている方に多く特に女性に多い

最も悩まれている方が多い緊張型の頭痛

肩こり・緊張型の頭痛 久留米スポーツ整骨院

緊張型の頭痛がある方はとても多く日本人の5人に1人はこの緊張型の頭痛に悩まされていると言われています。

緊張型の頭痛は基本的に首の後ろの筋肉や背中の筋肉が緊張する事によって引き起こされる頭痛です。

症状は後頭部を中心に首や背中に痛みがでたり、、「頭がおもたい」「首が回らない」「背中から首まできつい」

「目の奥が痛い」「頭がずきずきする」など言われる方もいます。

緊張型の頭痛は男性より女性の方が1,5倍ほど多い割合で生じ

性差による筋肉量の違いから女性の方が筋肉疲労を起こしやすく

筋肉が緊張しやすいからではないかとも言われています。

家族内発生率を調べた研究などもありますが家族内に

緊張型頭痛がある方がいた場合、その他の方も緊張型頭痛をもっている

確率は高いようですが因果関係はまだハッキリとわかっていません。

個人的には遺伝による骨格や筋肉の付き方が関係あるのではないかと考えています。

緊張型頭痛の根本的原因は筋肉へのストレス!

緊張型頭痛の根本的原因は繰り返しかかる筋肉へのストレスです。

例えば下を向いての長時間の作業やスマートフォンを趣味で眺めるのも同じですね

それにパソコンでのデスクワークや目を凝らして行う作業

寒いところで長時間作業することでも筋肉は緊張していきます。

上記のような作業を行うことで首から肩、背中の筋肉が緊張し

血行が悪くなり筋疲労を起こすことでその結果

緊張型頭痛を頭痛を発症する事が多いようです。

緊張型頭痛は治る?

それでは緊張型頭痛は治るのか?一言でいうと治ります。

緊張型頭痛の原因は筋肉の緊張にありますので

筋肉の状態を緊張している状態からそうでない状態(緊張していない状態)に

導いてあげれば改善し治ります。

緊張型頭痛を治す為に自身で取り組みたいこと

緊張型頭痛がある方に自宅や日常生活で

簡単に取り組めることをご紹介します。

  • ストレッチ
  • 身体をあまり冷やさない格好
  • 全身浴

 

この3つはどなたでも簡単に行う事ができます。

首から肩にかけてのストレッチを毎日でもいいので思い出した際に行って下さい

自身の格好は夏涼しく、冬寒くしていませんか?身体が冷えることで

筋肉の緊張は起きやすくなりますので暖かい格好を心がけてください。

お風呂に入る際は必ず肩までお湯に浸かり全身浴を行って下さい。

半身浴を習慣にされている方もいますが緊張型頭痛がある方は中止し

全身浴を行うようにして下さい。

本当に緊張型頭痛ですか?

これまで緊張型頭痛についてお話してきましたが

私の経験では緊張型頭痛と思って治療にみえられた方が

それ以外のものも合併しているケースが多くあります

症状は緊張型頭痛なのですが先日寝違えを起こしてから

緊張性頭痛を訴えてきた方であったり、緊張型頭痛の症状と

手足に少し痺れがある症状は胸郭出口症候群を合併して発症していました

どちらも緊張型頭痛の治療というより首の捻挫の治療と胸郭出口症候群の治療を

行う事で緊張型頭痛の症状もすっかり良くなりました。

症状が軽いうちはそのまま放置してもそのまま治る事もありますが

その他の症状も合併している可能性はあるので

もし痛みがあるなら専門院での相談をおすすめ致します。

肩こりの根本的原因ページ

肩こりに効果的な自宅で簡単にできる僧帽筋ストレッチ

柔道整復師(整骨院・接骨院)は整形外科で診察する内容の一部(骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲)を保険で国民に提供する医療サービスです。

厚生労働省柔道整復師法ページ

相談無料 ご予約ください。

休診日:日曜・祝日  土曜:9:00~15:00

受付時間
9:00~13:00 /
16:00~20:00 / / /

初回にお客様に納得の出来る結果を出して差し上げること。

元気を与える整骨院をつくっていたら3店舗になりました。施術技術は、勉強会を毎週開催し向上してます。
ご予約ができて待ち時間ゼロです。

いつも笑顔を絶やさず明るく元気な整骨院ですので、一度、お試しで施術を受けてみてください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 0942-27-7769