お問い合わせ

首の痛み(むち打ち症)

2017年1月26日 : 交通事故

こんにちは(*^-^*)

久留米苅原整骨院です!

本日は交通事故でよくある『むち打ち症』についてお話しさせて頂きます!

「むち打ち症」という言葉を聞くと皆さんはなにを想像しますか?

むち打ち症というのは何らかの衝撃によって

頭が振られることによって起こる首の捻挫(頸椎捻挫)の事です。

一番多いのが交通事故の追突事故により起こる事が多いですが

接触が多いスポーツやスキーやスノーボード、

サーフィン等のスポーツでも多く見られます。

その中でも一番症状が強くでるのが交通事故に遭った際のむち打ち症です。

交通事故の場合、車がスピードを出している為、

車の重さと車のスピードにより

日常生活では起こりえない衝撃、を身体は受ける事になります。

交通事故により痛めた首が中々治らない・・・

痛みは治まってきたが、

頭痛が残っている・・・

めまいがある・・・

違和感がとれない・・・

そういった方が多いのは

交通事故による「むち打ち症」の特徴でもあります。

問題はむち打ち症はどうしたら早く治るのか!という事ですが、

それもその方の症状によって大きく異なります。

ほとんどの場合は交通事故に遭ってすぐは頸椎カラー等で固定し

安静というのが多いですがそのような場合でも

電圧の治療や痛めた患部の周りの筋肉をほぐす治療で

治りを早める事ができる場合も多くあります。

つまり、その時その時の症状の状態を見極め、

とりあえず安静ではなく、

その時に合った治療(手技・電圧・超音波・罨法・矯正など)を

選択する事で早期の改善が可能です。

当院では交通事故による「むち打ち症」の症状で事故後すぐに来院された

患者様はほとんどの方が2週間ほどで強い痛みや症状は緩和し

痛みは他の病院さんで良くなったが違和感やめまい・頭痛がどうしても治らないで

転院されてくる方でも一か月(治療の頻度にもよりますが)で症状が改善されます。

もし交通事故による「むち打ち症」でお困りの方は無料の相談も行っていますので

一度お電話頂けると必ずお役に立てると思います。