手足のしびれ・坐骨神経痛

  • 当院の技術は、手足のしびれを改善できます。じんじんとするようなしびれも対応できますのでお気軽にご相談ください。

手のしびれは、首からの神経の流れが悪くなることで発症します。足のしびれも腰から出る神経の流れが悪くなることで発症します。

神経の流れの悪化が手足のしびれの原因となり、ひどいときには痛みを発症致します。

手がじんじんする等の痺れの状態や腰痛もあり足がしびれている。他にもストレスや更年期障害も間接的なしびれの原因となり改善されず当院へ来院される患者様がいらっしゃいます。

このようにしびれが起こります。

日常的に身体へ身体的ストレスが多い方はしびれの症状がでやすい状態にもなるため、筋肉を正常な状態に戻す治療や背骨や骨盤の歪みを取る治療などが効果的です。

もともと首や腰などにヘルニアがある方は神経の流れが特に悪くなりやすい状態です。神経の流れが悪くなる根本的原因としては筋肉の硬化により神経が圧迫または絞扼されている場合と、骨や軟骨や軟部組織などのずれや歪みから神経の流れを阻害している場合とに分ける事ができます。

つまり神経の流れを阻害している筋肉の状態を良くしてあげる又は骨や軟骨、軟部組織のずれや歪みを治すことができれば痺れや痛みの症状は改善されます!

神経の圧迫

坐骨神経痛の治療

手足のしびれの発症原因は、筋肉や骨格の歪みなどが原因でもあるため、筋肉は硬くなっている状態の方が多いです。

  • そのため当院では、筋肉をほぐし神経・血管の流れをよくするために特別電圧治療(ハイボルテージ)と指圧の治療、矯正の治療を組み合わせて治療することが多いです。

特に身体の不調がなかったにも関わらず、手足のしびれを突然感じたり、なにかふとした時にしびれがでるなど、ひどいときには手や足だけでなく肩やおしりの部分までしびれを感じることがあるような症状の範囲が広い方もいらっしゃいます。

しびれは、痛みとは違うため軽視されますが、ほとんどの場合しびれの症状の方が治療に時間がかかることも多いため早めの治療をおすすめします。

しびれや痛みがあったとしてもどこの部位で神経の流れが悪くなっているかは様々あります。

代表的な坐骨神経痛について解説します。

坐骨神経痛とは?

おしりや大腿の後ろ側や外側、すねや足先にかけてしびれや痛み麻痺などの症状がでるのが一般的に言う坐骨神経痛です。

坐骨神経痛は傷病名ではなく、頭痛や腹痛と同じように症状を表す言葉として使われています。

坐骨神経そのものは、おしりから太もも、ふくらぎまで繋がるとても長い神経。おしりから太もも、ふくらはぎのどこかで神経の流れが悪くなることで症状が現れます。

原因

坐骨神経痛の症状の多くは腰の骨(腰椎)や腰椎周りの筋肉や靭帯が異常をきたすことにで坐骨神経が圧迫・絞扼されたり刺激を受けたりすることが原因です。

多くは腰回りの異常が原因ですが股関節や太ももの部位などが神経の流れを悪くしている場合もあります。

根本的原因としては、長時間の立ち仕事(飲食店・介護職・レジ打ち)や過度な運動(サッカーバスケット陸上競技)長時間のデスクワークなどの腰に対する身体的ストレスのかけすぎ、逆に運動不足による筋力の低下が原因で起こる事例も存在ます。

  • 比較的若い世代では腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、腰椎分離症、梨状筋症候群、年配の方では腰椎圧迫骨折、腰椎骨折、腰部脊柱管狭窄や腰椎椎間板ヘルニア、基礎疾患として骨粗しょう症の疾患があることが多いです。

腰椎圧迫骨折や腰部脊柱管狭窄症の原因のほとんどは加齢で、60歳以上に多い傾向にあります。

腰椎椎間板ヘルニアは、長時間の立ち仕事、長時間のデスクワーク、重労働やスポーツによって腰への負担が大きく長時間かかることが原因となるので比較的若い学生世代や現役世代に多くみられます。

どこが原因で坐骨神経痛の症状が出ているのかを早期に発見し、できるだけ早く治療を行うことが大切です。

坐骨神経痛の検査

坐骨神経痛とは症状のことですので根本的原因の傷病や疾患を検査し特定することが大切です。

検査では問診・触診、歩行や姿勢などを視診することでほとんどの神経の流れが悪くなっている個所を突き止めることができます。まれに坐骨神経痛を自己流で判断し症状を悪化させて来院される方もいらっしゃいます。

当然悪化させることで治療の期間が長くなってしまいますので、自身での判断で判断するのはやめておきましょう。

治療

坐骨神経痛の治療は痛みやしびれを改善させる対症療法を行います。

具体的な治療法としては手技の治療で腰や臀部など坐骨神経の周りに存在する筋肉の状態を良くしていき神経の流れを改善します。骨や軟骨、軟部組織が神経の流れを悪くしているのであれば矯正の治療を行い神経の流れを改善します。

更に身体の奥深くに届く電圧治療器を使い神経の圧迫・絞扼部位に直接的に電圧を作用させ流れを良くする治療などがあります。

症状が軽くなってきたら運動療法を行うケースもあります。運動療法はストレッチや体操など身体を軽く動かすことで血行や筋肉の状態を良い状態にもっていく方法です。

治療後の日常生活指導

治療後は自身で可能な運動療法ストレッチや体操などが予防に効果的です。

坐骨神経痛になった方の根本的原因によっても日常生活指導は変わりますが過度な身体ストレスが原因であれば身体ストレスを軽減できる指導を行いますし、運動不足が間接的原因になっている場合は軽度な運動から指導します。

ここで注意して欲しいのは軽度な運動ということです。

運動を始めるとついつい限界まで追い込んでしまう方もいますが軽度な運動から始めて下さい。走るではなく歩く、泳ぐではなく漂うくらいで最初は十分です。仕事などでそういった時間が取れない方は必ずストレッチを休憩や自宅で行うようにしましょう。

首から手のどこかしらにしびれや違和感を生じる症例を列挙しておきます。
後日詳細ページを作成します。

・頸椎ヘルニア
・頸椎捻挫(むち打ち症含む)
・胸郭出口症候群
・肩関節脱臼
・肩関節捻挫
・上腕挫傷
・肘関節脱臼
・肘関節捻挫
・肘部管症候群
・橈骨神経麻痺
・尺骨神経麻痺
・手根管症候群

柔道整復師(整骨院・接骨院)は整形外科で診察する内容の一部(骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲)を保険で国民に提供する医療サービスです。

久留米スポーツ整骨院料金ページ

肩こり頭痛の専門ページ

肩こりからの頭痛・緊張型の頭痛の専門ページ

肩こりの根本的原因の専門ページ

胸郭出口症候群の専門ページ


厚生労働省柔道整復師法ページ

相談無料 ご予約ください。

休診日:日曜・祝日  土曜:9:00~15:00

受付時間
9:00~13:00 /
16:00~20:00 / / /

初回にお客様に納得の出来る結果を出して差し上げること。

元気を与える整骨院をつくっていたら3店舗になりました。施術技術は、勉強会を毎週開催し向上してます。
ご予約ができて待ち時間ゼロです。

いつも笑顔を絶やさず明るく元気な整骨院ですので、一度、お試しで施術を受けてみてください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 0942-27-7769