お問い合わせ

腰痛の原因とは・・・

2019年12月2日 : ぎっくり腰,治療,腰痛

こんにちは\(^o^)/

久留米苅原整骨院の中村です♪♪

本日は、今からの時期増えてくる【腰痛】についてお話し致します!!

 

腰痛の原因とは・・・

座る時間が多い方や腰をかがめる仕事をしている、重い荷物を持つことがあるなど日常で腰に負担をかけられる方は、

腰痛やぎっくり腰になりやすいです。腰痛は、男女問わず多くの方が悩んでいます。

腰周辺の筋肉が疲労し、凝り固まった状態になります。腰が張ったような突っ張り感を感じるのも腰痛の症状の一つです。

腰が重く感じ、痛みがあったり、寝返りを打つと痛みが走るなど起こります。

 

☆ぎっくり腰の施術☆

ぎっくり腰は、動けなくなるほどの痛みがありますが施術で人により1日で歩けるようになる方から

数回の施術で改善される方もいらっしゃいます。それから無理をして動いてしまうと再発可能性が高い症状のため、

施術後、ぎっくり腰が良くなったとしても安静が必要です。

特にストレス、施術後に腰だけに負担をかけすぎる行為は、ぎっくり腰を再発させます。

そのため、3日間は安静にする時間を持たれるようおすすめ致します。

 

☆長年の治療経験から当院で採用されたぎっくり腰、腰痛治療☆

ギックリ腰等の急性な腰痛であれば筋肉や関節に入ってしまった傷を、いち早く治す為の特別電圧治療、コンビネーションの治療を行い、

傷がついていない周り(背中や坐骨)の筋肉をほぐすことで、傷の治りを早めることができ、早期の回復が可能です。

ヘルニアや亜急性の腰痛等はその時の状況に応じて指圧の治療、背骨・骨盤矯正、電気治療、特別電圧治療、超音波の治療などを組み合わせ、

その時にあった最適な治療を提供致します。

 

 

寒さと痛みの関係性☆

2019年10月17日 : お知らせ,ぎっくり腰,シビレ,ストレッチ,冷え,肉離れ

こんにちは

久留米苅原整骨院の鶴です(≧▽≦)

 

最近、朝晩が冷えて体調を崩しやすくなる季節になりましたね。

 

今日は「寒さ」と「痛み」の関係について。

寒くなるとどうしても身体の痛みが増すと言う方が増えますね。

そして、外に出る方も少なくなります(笑)

 

なぜ寒くなると身体の痛みが増すのか・・・

それは、寒くなるとどうしても身体の体温が下がり

血の巡りが悪くなります。

血の巡りが悪くなると

筋肉が固くなり動きが悪くなるのです。

動きが悪くなると柔軟性が悪くなり、

急な動きや運動で

ぎっくり腰や肉離れなどの

怪我につながる可能性も高くなります(>_<)

 

そして!寒さで痛覚や触覚なども過敏になります。

寒い日に指先を触ると

妙にチクチクするような経験をした事はないでしょうか。

 

この理由は筋緊張による神経の圧迫から起こります。

腕や脚などの末梢神経は

筋肉の間を縫うように伸びているため、

筋肉が収縮すると、

痛覚や触覚などの神経が圧迫され、

敏感になり痛みや痺れ、じんじんする感じなどが出てしまいます。

 

寒さが厳しくなる冬場に

神経痛、関節痛、腰痛や肩こりが増えるのも

神経が敏感になる事と

筋肉が硬くなる事が大きな理由の一つです。

 

ですので、寒い日は暖かい格好をするのはもちろん、

ストレッチを十分に行って体を温め、

筋肉の柔軟性を良くしたりお風呂にゆっくり浸かって

血の巡りを良くする事も大切ですよ\(^o^)/

 

当院では指圧治療をすることによって

血の巡りを良くして

痛みが出にくい体にすることができます!

痛みが酷くなる前に

当院で治療されることをオススメします\(^o^)/

 

ホームページ

HOME

交通事故治療専用ページ

交通事故の怪我治療(骨折・捻挫・挫傷・打撲)

無料施術体験会残り3日!!

2019年9月26日 : 無料施術,無料施術体験会

こんにちは♪♪

久留米苅原整骨院の中村です(‘◇’)ゞ

無料施術体験会も残り三日となりました‼

28日(土)までイベント行っております。

 

まだまだ空きございますので、気になる方はぜひこのイベントを機会にお越しください。

 

体験会に来てくださった方も多くの方続けて来院して頂いています。

皆様の身体の痛み必ず治します!!

 

※分からない事などありましたらお気軽にお問い合わせください

 

⇓⇓⇓

TEL:0942-27-7769

 

お盆休みは交通事故にご注意ください

2019年8月5日 : 交通事故,交通事故治療

こんにちは\(^o^)/

久留米苅原整骨院の中村です♬

毎日暑い日が続いていますね(^_^;)

皆さん!!熱中症に十分ご注意ください(>_<)

来週はお盆休みですね♪♪

お盆休みは交通量が増えますので、

気をつけて運転されて下さいね!!

当院では、交通事故にあった方の
お手伝いをするために、
「交通事故サポート」を行っております(^o^)丿

交通事故にあうと、
何かと不安になったり、
心配になったりするもの。

そこで今回は、交通事故に関して
特によく受ける質問を、
2つ取り上げて、
Q&A方式で紹介します!

***************************

【Q1】
突然行っても、その場で施術して
もらえるのでしょうか?

【A1】
はい、大丈夫です(^-^)
痛みの「重い・軽い」に関係なく、施術可能です。

ただし混んでいる場合、
お待ちいただく可能性もございます。

予約も可能ですので、
予定が分かるようでしたら、
事前予約をおすすめします。

【Q2】
事故直後は大丈夫でしたが、
2週間ほど経ってから
急に痛みが出てきました。
どうすればいいですか?

【A2】
いわゆる「後遺症」の可能性があります。
時間が経ってから
痛みが出るケースもあります。

まずは病院に行って、
診察を受けましょう。

なお、示談が成立した後は、
自動車保険が
使えなくなってしまいますよ。

痛みはなく、違和感だけが
ある場合でも、
早めに受診したほうが
安心ですね。

***************************

当院の交通事故サポートは、
国家資格をもった
柔道整復師が施術を担当いたします。

まずはヒアリングと、
身体の状態のチェックをした上で、
ご本人に合ったプランを提案。
様子を見ながら進めていきます。

気がかりなことがあれば、
施術スタッフや受付スタッフなど、
誰でもお声がけくださいね(^-^)

20~30代女性に向けて

2019年7月26日 : 産後,産後のケア

こんにちは(*’▽’)♪
久留米苅原整骨院の中村です!(^^)!

骨盤は身体の土台となる
とても大切なものってご存じでしたか?

しかし出産後はその土台となる骨盤が
大変なことに。

今回は産後の骨盤の重要性について
お話します。

—————————————-

出産時、骨盤は
赤ちゃんを身体の外に出すために
大きく開いた状態になります。

そして出産を終えると
骨盤まわりを緩めるホルモンの分泌が収まり
徐々に元の形に戻ろうとします。

しかしこの時に
不自然な体勢を続けてしまったり
無理な運動をしたりすると

骨盤が開いたまま
産後太りに繋がる可能性も…

実際、骨盤が適切な状態に戻らず、
産後太りで悩んでいる方が
当院にもたくさん来院されています。

ですが、
この骨盤周りが柔軟な時期に
適切な骨盤へのアプローチを行えば
産後太りの悩みから
解放されるかもしれません!

—————————————-

当院では
【産後骨盤プログラム】を
行っています。

詳しくはスタッフまで
お気軽にお尋ねください。

スタッフ一同、
心よりお待ちしております。

産後ケア

2019年7月22日 : 産後,産後のケア

こんにちは(‘◇’)ゞ

久留米苅原整骨院の中村です♬

 

明日には梅雨明けするみたいですね(*’▽’)

今日も大雨が降る時間帯もあるみたいなので、

 皆さん、十分に気を付けて下さいね!!

 

『産後、骨盤を締めないといけない!』

そんな話を
みなさん一度は耳にされたことが
あるのではないでしょうか?

なぜ、産後骨盤を締めないと
いけないのでしょうか(・o・)?

そもそも産後、カラダにはどんな
変化が現れるのでしょうか(・o・)??

今日はそんなお話です!

妊娠から出産するまでの10ヶ月間、
赤ちゃんがスムーズに
産道を通れるよう、骨盤は
時間をかけてゆっくり開いていきます。

そして出産後は女性ホルモンの
分泌が盛んになり、その影響から
骨盤がゆるみやすくなってしまうのです。

では、
骨盤が開くとどういったことが
起こるのでしょうか?

多くの方が気にされるのが
《体型の変化》です。

後ろから見た時にお尻が
広がり、垂れてみえる・・・

そう感じられる方も
多いのではないでしょうか?

そんな変化も骨盤の開きが
影響しています。

プロポーションの変化だけでなく
《腰痛》《冷え》《肌荒れ》《生理痛》
など・・・

骨盤が開くことでさまざまな箇所に
影響がでる可能性があります。

ですので産後、開いてしまった
骨盤をしっかり締めていくことが
重要なのです(^_^)/

開いてしまった今が色々な
悩みを解決するチャンスです★

産後、骨盤ベルトを巻いて
過ごしている方も多いと思います。
こういった家での習慣は
とても大事です!

しかし、
本当に産後のカラダに合った
ベルトを選べていますか?

付ける位置は正しいですか?

付ける位置が違うと、
余計骨盤が広がる原因となる可能性も!

当院では骨盤ベルトの選び方や
ベルトを巻く正しい位置、
そして自宅でできるトレーニングまで
しっかり指導しています。

産後、不調で悩んでいる方、
何もケアをせずに時間が
経ってしまった・・・
そんな方もお気軽に当院にご相談ください!

熱中症の予防について!!

2019年7月16日 : 未分類

こんにちは(*^-^*)
久留米苅原整骨院の中村です♬♬

毎日暑い日が続いていますね。

暑い夏は、
誰でも熱中症になる
可能性があります。

下記のポイントを守って、
熱中症対策を心掛けましょう。

—–<熱中症対策 9のポイント>—–

●帽子や日傘で暑さを避ける

●室内はカーテンやすだれで直射日光を防ぐ

●吸水・即乾素材の衣類を着る

●クールビズを実行する

●エアコンで部屋の温度を調節する

●こまめに水分を補給する

●アルコールでの水分補給は禁物

●急な運動は避ける
 暑さに慣れてからにしましょう

●体調が悪いときは
 外での活動は控える

—————————————

室内でも熱中症になる
可能性はあります。

普段から熱中症対策を心掛けましょう!(^^)!

夏バテチェックについて!!

2019年7月12日 : 夏バテ

こんにちは!!
久留米苅原整骨院の中村です!(^^)!

暑い日が続きますが、
いかがお過ごしでしょうか??

暑い日中で汗だくになった後
クーラーの効いた室内で身体が冷えたり、

冷たい食べ物や飲み物を
多く口にするなど、

夏バテしやすい要素は盛りだくさんです。

それではここで、
夏バテ度チェックをしてみましょう!!

—————————————

1.
冷房をかけた部屋で
ついゴロゴロしてしまう。

2.
暑くなるとどうしても
外に出る気がしない。

3.
暑さで眠りにつきにくく、
睡眠がとれていないと感じる。

4.
夏は麺類ばかりになるなど、
食事が偏ってしまう。

5.
冷たい飲み物ばかり
飲んでしまう。

—————————————

1つでも当てはまる人は
夏バテになりやすい人と言えます。

夏を快適に過ごすために、
普段の生活を見直しましょう!

当院では、
夏バテにお悩みの方におすすめの
メニューを揃えています。

詳しくはスタッフまで
お気軽にお尋ねください。

基礎代謝について!!

2019年7月8日 : 未分類

こんにちは(*^-^*)♬

久留米苅原整骨院の中村です(^^)/~~

 

「最近、代謝が落ちてきて…」

こんなセリフを聞いたり言ったりしませんか?

ところで「代謝」とは一体
どういうものなのでしょうか?

代謝というのは、
正確には基礎代謝のことを指します。

専門的な説明をするならば、

“心身ともに安静な状態の時に
生命維持のために消費される
必要最小限のエネルギー代謝量”

もっとわかりやすく言うと、

“筋肉や内臓が
自然に活動するのに使われるカロリー”

ということです。

基礎代謝量は10代でピークを迎え
加齢とともに低下します。

「あまり食べていないのに、
最近やたらと太る!」

という方は、もしかすると
代謝が落ちているのかもしれません。

代謝量が落ちると
消費エネルギーが減るため、
摂取カロリーが余り気味になります。

その結果、太りやすくなると考えられます。

では、年齢を重ねたら
基礎代謝は落ちる一方なのでしょうか?

ご安心ください!
基礎代謝をアップさせる方法はあります。

それは、

・しっかり筋肉をつける
・身体を冷やさない

この2つです。

適度な運動で筋肉をつけながら、
冷えを溜めない生活を
心掛けましょう。

血流が悪いとどうしても
身体は冷えてしまいます。

マッサージも上手く活用して
冷えない身体づくりを行いましょう。

自宅でできるエクササイズも
お伝えしますので、
お気軽にお声かけください。

食中毒の豆知識!!

2019年6月24日 : 食中毒

こんにちわ\(^o^)/

久留米苅原整骨院の中村です♪♪

毎年夏になるとテレビでも食中毒の話題が
取り上げられています。

夏場(6月~9月)は、
細菌が原因の食中毒が多く発生する時期です。

厚生労働省は
毎年8月を「食品衛生月間」と
定めています。

食中毒というと、飲食店での食事が
原因と思われがちですが、

毎日食べている家庭の食事でも
発生することがあります。

普段、当たり前にしていることが、
食中毒を引き起こす可能性もあるのです。

気をつけたい基本のポイントを
お伝えいたします!

まず何よりも、
基本は「手洗い」です。

手には様々な雑菌がついています。

食中毒の原因菌が食べ物につかないよう
料理の前には必ず手を洗いましょう。

手に付着した細菌やウイルスは、
水で洗うだけでは取り除けません。

指の間や爪の中、手首までせっけんを使って
丁寧に洗いましょう。

また、
台所はきれいですか?

タオルやふきんは
清潔なものを使っていますか?

生のお肉や魚を切った後、
すぐにまな板・包丁を
洗っていますか?

加熱して調理するものは
しっかり火が通っていますか?

一度振り返ってみてください。

家庭での食中毒は、症状が軽かったり
発症する人が限られることから

風邪や寝冷えと思われがちで、
食中毒とは気づかれず、
重症化することもあるそうです。

毎年、
食中毒での死亡者も
出ています。

生活習慣を見直すことは
とても大切です。

みなさんも
意識してみてくださいね!!