お問い合わせ

足を捻った場合・・・

2017年4月22日 : スポーツ外傷,テーピング,捻挫

こんにちは\(^o^)/

久留米苅原整骨院です!

暖かくもなり、

運動を始めようと思ってる方も多いのではないでしょうか?

運動を始めたばかりの頃に注意して頂きたいのが・・・

「足関節捻挫」です!足関節捻挫とはいわゆる足を挫(くじ)いた時の怪我です!

せっかく運動を始めたのに最初の頃に「足関節捻挫」を起こしてしまい

運動を一時中断せざるをえなくなる方がいらっしゃいます。

そもそも足関節捻挫にならないのが一番なのですが

足関節捻挫になったとしても、早期に正しい処置を行い

治療を行う事で早期に回復する事も可能です。

足関節捻挫の早期の処置を間違えてしまったり

治療を行わなかったりすると足関節は毎日歩いたり立っているだけでも

使う箇所なのでなかなか痛みがとれない・・・

痛めた靭帯が少し伸びたまま治ってしまい

足関節が緩くなってしまう・・・(足関節が緩くなると足を挫きやすくなってしまいます

そうならない為にも早めの正しい処置が大切です><

まず足関節捻挫をを起こしてしまったら

痛めた足首を氷や氷嚢で冷やして下さい!

もし我慢できるのであれば感覚がな無くなるくらいまで冷やしましょう!

足を挫(くじ)いた時というのは筋肉と靭帯に傷が入ってしまい

内出血を起こしてしまいます。それを怪我してすぐの段階で

氷や氷嚢で冷やし内出血を抑えることで

後にでてくる腫れを最小限に抑える事が出来ます!

腫れを少なくできればその後の回復が早くなります。

そして固定です。固定する事で足関節への負荷を軽減し

傷口に対しての刺激を減らします。

痛めた部位に刺激を与えるとまた内出血を起こす可能性がありそれを防ぐ為です。

もしスポーツ等に早く復帰したい場合を除いては

この処置で出来るだけ安静にすることで

足関節捻挫は日に日に良くなってきます^^

しかしスポーツに少しでも早く復帰したい早く治さないとお仕事に支障がでる

少しでも早く治したい、関節の緩み等が出ないようにしっかり治したい場合

治療を行う事をオススメ致します。

当院では痛めた箇所の傷の治りを良くする最新の電圧治療機を使い

固定で安静にするだけよりも早期の回復が見込める治療を行っていますので

もし「足関節捻挫」を起こしてしまった場合はお電話のみでも構いません

必ずお力になれますのでご相談下さいね^^

最後まで読んで頂きありがとうございました!

下の画像は足関節捻挫を起こして二日目の患者様の画像です。

内出血と腫れがあるのが良く分かると思います。

内出血と腫れを早くひかせるために特別電圧治療と超音波の治療と固定を併用して治療を行っています。

捻挫をしてしまった・・・

そんな方いましたら、一度当院に診せに来て下さい!!

夏の大会前!!

2017年4月20日 : スポーツ外傷,テーピング,半月板,野球肘

おはようございます(∩´∀`)∩

久留米苅原整骨院です!!

今日は中体連について書いていきますね。

もうすぐ中学生にとって一番大きい大会がそう!!

中体連が開催致します(≧▽≦)

練習の成果を見せる大一番の仕事になりますね(´艸`*)

野球、サッカー、テニス、卓球、バスケット、陸上、柔道、剣道、吹奏楽、バレーボール、

水泳、書道、‥などまだまだたくさんの部活があると思いますが

ここ最近久留米苅原整骨院では身体に不調を起こす中学生が多いですね(´◉◞౪◟◉)

そこで中体連前に体のケアをされて中体連には万全の体調で行きましょう!!

まず多いのが腰が痛い、首が痛いなどがありますね!!

野球している子供たちはだいたい肘の内側に痛みや違和感だったり、真っ直ぐ肘を伸ばせない・・・

等の症状を訴えている子たちが多いですが

久留米苅原整骨院では野球肘を早く治すコンビネーション治療という

機械もあります!!

プロ野球選手・特にプロ投手が肘を大事にするために使われているんですよ!!(*^-^*)

凄い機械ですね!!(´◉◞౪◟◉)

まずこの痛みが出る原因は疲労の蓄積が大きく関係しています!

なので手技で筋肉を柔らかくしてあげてコンビネーション治療をすれば

早く野球にも戻れるので違和感等が出た時はほっとかずに治療はしましょう(>_<)

ではでは全国の・・・・いや特に久留米市の中学生頑張れー!!(´艸`*)

特別電圧治療器

ちなみにこれが最新の電圧治療器です(´艸`*)

無料施術体験会(完全無料)

2017年3月25日 : 「受付・医療事務」整骨院の受付,O脚X脚,オスグット,お知らせ,ぎっくり腰,シビレ,シンスプリント,スタイレックス,ストレートネック,スポーツ外傷,テーピング,ばね指,むち打ち,むち打ち症治療,めまい,久留米市の整骨院,久留米苅原(かりはら)整骨院ご案内,久留米苅原整骨院便り,五十肩,交通事故,交通事故治療,偏頭痛,健康栄養,半月板,坐骨神経痛,外反母趾,妊婦さんの治療,寝違い,手のしびれ,打撲,捻挫,整骨院の求人「受付・医療事務」,日記,求人(柔道整復師・鍼灸師)久留米市,治療,無料施術,猫背,猫背矯正,産後,産後のケア,疲労回復,痺れ,突き指,筋肉痛,肉離れ,肋間神経痛,肘内障,股関節,肩こり,肩の痛み,腕の痛み,腰痛,腱鞘炎,腸脛靭帯炎,膝の痛み,野球肘,頭痛,骨盤,骨盤矯正

おはようございます(≧▽≦)

久留米苅原整骨院です!!

さてさてもう明日になりましたね(‘◇’)ゞ

そっ!!無料体験会が明日となりました

3月26日(日)無料体験会

この機会に是非当院の施術(手技、矯正、猫背矯正、骨盤矯正、О脚X脚矯正、超音波治療、テーピング)を受けてみて下さい(‘◇’)ゞ

 

ぜひ!皆さんお越し下さい\(^o^)/

☆開催時間☆

午前の部 9:00~13:00

午後の部 16:00~20:00

 場所

久留米苅原整骨院

※予約不要

電話番号(お問い合わせ)

0942-27-7769

当日は込むことが予想されますので表の駐車場と裏の駐車場もありますので

是非ご利用ください(∩´∀`)∩

もし周りにこんな方がいらっしゃいましたら是非ご紹介下さい(‘◇’)ゞ

ご家族、友人、会社仲間、趣味友達、産後の方、痛みが身体のどこかに出ている方

整骨院に行った事がない方、下半身や体型に不満がある方、

長年の痛みをとってほしい方、身体の疲れをとってほしい方などなどおそらく悩みは大量にあると思います(‘◇’)ゞ

なのでこのイベントを機会に是非どうぞ!!

もし詳しく聞きたい方がおられましたらまずはお電話のお問い合わせからでも大丈夫です(*^▽^*)

いつも久留米苅原整骨院をありがとうございます(≧▽≦)

 

 

捻挫について!

2017年2月4日 : 捻挫

おはようございます^^

久留米苅原整骨院です!!

本日は『足関節捻挫』についてお話しします。

足関節捻挫とはいわゆる足を挫(くじ)いた時の怪我です。

せっかく運動を始めたのに最初の頃に「足関節捻挫」を起こしてしまい

運動を一時中断せざるをえなくなる方がいらっしゃいます><

そもそも足関節捻挫にならないのが一番なのですが

足関節捻挫になったとしても、早期に正しい処置を行い

治療を行う事で早期に回復する事も可能です。

足関節捻挫の早期の処置を間違えてしまったり

治療を行わなかったりすると足関節は毎日歩いたり立っているだけでも

使う箇所なのでなかなか痛みがとれない・・・

痛めた靭帯が少し伸びたまま治ってしまい

 

足関節が緩くなってしまう・・・(足関節が緩くなると足を挫きやすくなってしまいます

 

そうならない為にも早めの正しい処置が大切です><

 

まず足関節捻挫をを起こしてしまったら

 

痛めた足首を氷や氷嚢で冷やして下さい!

 

もし、我慢できるのであれば感覚がな無くなるくらいまで冷やしましょう!

 

足を挫(くじ)いた時というのは筋肉と靭帯に傷が入ってしまい

 

内出血を起こしてしまいます。それを怪我してすぐの段階で

 

氷や氷嚢で冷やし内出血を抑えることで

 

後にでてくる腫れを最小限に抑える事が出来ます!

 

腫れを少なくできればその後の回復が早くなります。

 

そして固定です。固定する事で足関節への負荷を軽減し

 

傷口に対しての刺激を減らします。

 

痛めた部位に刺激を与えるとまた内出血を起こす可能性がありそれを防ぐ為です。

 

もしスポーツ等に早く復帰したい場合を除いては

 

この処置で出来るだけ安静にすることで

 

足関節捻挫は日に日に良くなってきます^^

 

しかし、スポーツに少しでも早く復帰したい早く治さないとお仕事に支障がでる

 

少しでも早く治したい、関節の緩み等が出ないようにしっかり治したい場合

 

治療を行う事をオススメ致します。

 

当院では痛めた箇所の傷の治りを良くする最新の電圧治療機を使い

 

固定で安静にするだけよりも早期の回復が見込める治療を行っていますので

 

もし「足関節捻挫」を起こしてしまった場合はお電話のみでも構いません

 

必ずお力になれますのでご相談下さいね^^

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

足首捻挫!!

2016年10月6日 : 捻挫

おはようございます(≧▽≦)

久留米苅原整骨院です!!

昨日は中々強い台風がきて、幸い久留米はそこまでなかったですが

世界的に被害が拡大している事となっています。。。。

無事を祈っています(+_+)

さて今日はスポーツの秋という事で多い怪我の足関節捻挫について

お話ししていきますね(‘◇’)ゞ

「足関節捻挫」です!足関節捻挫とはいわゆる足を挫(くじ)いた時の怪我です><

せっかく運動を始めたのに最初の頃に「足関節捻挫」を起こしてしまい

運動を一時中断せざるをえなくなる方がいらっしゃいます><

そもそも足関節捻挫にならないのが一番なのですが

足関節捻挫になったとしても、早期に正しい処置を行い

治療を行う事で早期に回復する事も可能です。

足関節捻挫の早期の処置を間違えてしまったり

治療を行わなかったりすると足関節は毎日歩いたり立っているだけでも

使う箇所なのでなかなか痛みがとれない・・・

痛た靭帯が少し伸びたまま治ってしまい

足関節が緩くなってしまう・・・(足関節が緩くなると足を挫きやすくなってしまいます

ならない為にも早めの正しい処置が大切です><

まず足関節捻挫をを起こしてしまったら

痛めた足首を氷や氷嚢で冷やして下さい!

もし我慢できるのであれば感覚がな無くなるくらいまで冷やしましょう!

足を挫(くじ)いた時というのは筋肉と靭帯に傷が入ってしまい

内出血を起こしてしまいます。それを怪我してすぐの段階で

氷や氷嚢で冷やし内出血を抑えることで

後にでてくる腫れを最小限に抑える事が出来ます!

腫れを少なくできればその後の回復が早くなります。

そして固定です。固定する事で足関節への負荷を軽減し

傷口に対しての刺激を減らします。

痛めた部位に刺激を与えるとまた内出血を起こす可能性がありそれを防ぐ為です。

もしスポーツ等に早く復帰したい場合を除いては

この処置で出来るだけ安静にすることで

足関節捻挫は日に日に良くなってきます^^

しかしスポーツに少しでも早く復帰したい早く治さないとお仕事に支障がでる等

少しでも早く治したい、関節の緩み等が出ないようにしっかり治したい場合は

治療を行う事をオススメ致します。

当院では痛めた箇所の傷の治りを良くする最新の電圧治療機を使い

固定で安静にするだけよりも早期の回復が見込める治療を行っていますので

もし「足関節捻挫」を起こしてしまった場合はお電話のみでも構いません

必ずお力になれますのでご相談下さいね^^

捻挫について

2016年9月27日 : 捻挫

こんにちは(#^^#)

前日サッカーの試合で久々勝利をあげた高田です!

久しぶりにサッカーをし身体が悲鳴をあげております(笑)

スポーツは楽しいですが、怪我も多いですよね。

そのなかでも多いのは

捻挫

皆さんも一度は経験されたことはあるとおもいます!

指、手首、足首など・・・・

 

捻挫くらい大したことない

すぐ治る

そお思ってる方はいませんか?

実はそうではありません!

もちろんスポーツだけにおこる怪我ではありません。

日常生活でもよく起こります。

なので

今日は捻挫についてお話ししたいと思います(*^-^*)

関節には一定の運動範囲があります。

運動許容範囲を超えて負荷がかかるときに・・・・・・・・

グキッ!

このような時に捻挫は起こります。

治療を怠ると捻挫の痛みは長引きます。

痛い!長引くのは嫌ですよね!

今から応急処置の基本を教えます

それはRICEです!

初めて耳にする方もいると思います

Rest=安静

Ice=冷却

Compression=圧迫

Elevation=挙上

これらが大事なのです!痛みを抑えるのに効果があります!

痛みや腫れがひどくなるのを防ぐだけでなく、治りも早くなるのです。

あくまでも応急処置なので、もし捻挫した場合は当院にお電話ください\(^o^)/

ではではこの辺で終わらしていただきます<m(__)m>

足関節捻挫の経過報告

2014年5月27日 : スポーツ外傷

こんにちわ^^

 

久留米苅原整骨院の吉岡です^^

 

今日は先日ご紹介した足関節捻挫を起こして

 

来院された患者様のあれから一週間後の画像と

 

載せています↓↓↓

「足関節捻挫受傷後2日」↓↓↓    

IMG_3277

「足関節捻挫受傷後10日」↓↓↓

IMG_5714

 

 

上記の二つの画像を見て頂くと左の足関節捻挫受傷後2日の画像に比べ

 

足関節捻挫受傷後10日の画像の方が腫れが引き

 

内出血した血液が下に下がってきているのがなんとなくわかるかと思います。

 

患者様のご都合で怪我をされてから三回しか治療を行ってませんが

 

受傷後すぐ痛めた痛めた箇所をしっかり

 

ご自宅で冷やして頂けたのとお仕事などで

 

あまり無理をかけずに済んだので経過としてはまずますです^^

 

本当であれば続けて来院頂き

 

腫れの部分と内出血がある箇所に

 

超音波やコンビネーションといった治療をできると

 

更に治りは早まったと考えられます。

 

足関節というのはどうしても歩くだけで

 

負荷がかかってします箇所になりますので

 

逆に骨折などよりも時間がかかってしまうケースもありますが

 

足関節捻挫に対し適切な処置を処す事で

 

限りなく早期に治す事も可能です。

 

もし「足関節捻挫」を起こしてしまった際には

 

お電話だけの相談も行っていますので

 

ご相談下さいね^^

 

特にサッカー・バレーボール・バスケット・ラグビー・テニス等は

 

足関節捻挫を起こしやすいので注意が必要です^^

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

足関節捻挫の治療

2014年5月20日 : スポーツ外傷

おはようございます^^

 

久留米苅原整骨院(久留米市国分町)の吉岡です^^

 

この季節、これから夏に向けて

 

運動を始めようと思ってる方も多いのではないでしょうか?

 

運動を始めたばかりの頃に注意して頂きたいのが・・・

 

「足関節捻挫」です!足関節捻挫とはいわゆる足を挫(くじ)いた時の怪我です><

 

せっかく運動を始めたのに最初の頃に「足関節捻挫」を起こしてしまい

 

運動を一時中断せざるをえなくなる方がいらっしゃいます><

 

そもそも足関節捻挫にならないのが一番なのですが

 

足関節捻挫になったとしても、早期に正しい処置を行い

 

治療を行う事で早期に回復する事も可能です。

 

足関節捻挫の早期の処置を間違えてしまったり

 

治療を行わなかったりすると足関節は毎日歩いたり立っているだけでも

 

使う箇所なのでなかなか痛みがとれない・・・

 

痛めた靭帯が少し伸びたまま治ってしまい

 

足関節が緩くなってしまう・・・(足関節が緩くなると足を挫きやすくなってしまいます

 

そうならない為にも早めの正しい処置が大切です><

 

まず足関節捻挫をを起こしてしまったら

 

痛めた足首を氷や氷嚢で冷やして下さい!

 

もし我慢できるのであれば感覚がな無くなるくらいまで冷やしましょう!

 

足を挫(くじ)いた時というのは筋肉と靭帯に傷が入ってしまい

 

内出血を起こしてしまいます。それを怪我してすぐの段階で

 

氷や氷嚢で冷やし内出血を抑えることで

 

後にでてくる腫れを最小限に抑える事が出来ます!

 

腫れを少なくできればその後の回復が早くなります。

 

そして固定です。固定する事で足関節への負荷を軽減し

 

傷口に対しての刺激を減らします。

 

痛めた部位に刺激を与えるとまた内出血を起こす可能性がありそれを防ぐ為です。

 

もしスポーツ等に早く復帰したい場合を除いては

 

この処置で出来るだけ安静にすることで

 

足関節捻挫は日に日に良くなってきます^^

 

しかしスポーツに少しでも早く復帰したい早く治さないとお仕事に支障がでる

 

少しでも早く治したい、関節の緩み等が出ないようにしっかり治したい場合

 

治療を行う事をオススメ致します。

 

当院では痛めた箇所の傷の治りを良くする最新の電圧治療機を使い

 

固定で安静にするだけよりも早期の回復が見込める治療を行っていますので

 

もし「足関節捻挫」を起こしてしまった場合はお電話のみでも構いません

 

必ずお力になれますのでご相談下さいね^^

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

下の画像は足関節捻挫を起こして二日目の患者様の画像です。

内出血と腫れがあるのが良く分かると思います。

内出血と腫れを早くひかせるために特別電圧治療と超音波の治療と固定を併用して治療を行っています。

IMG_3277

患者様の了承を得て写真をのせています。